【投稿型】海外旅行口コミ情報 海外観光地の旅行記を集めました

世界遺産イマーム広場

読了までの目安時間:約 4分

 

2014年5月、イランのエスファハーンにあるイマーム広場を訪れました。

首都テヘランからマハーン航空の国内便で移動。エスファハーンの飛行場からタクシーで約30分程で市内まで到着しました。

エスファハーンは日本でいう京都にあたる観光都市の1つ。

16世紀末、サファヴィー朝の首都に定められ、「Esfahan nesfe Jahan(エスファハーン・ネスフェ・ジャハン)」と言われ、「エスファハーンは世界の半分」と称賛されたそうです。

ユネスコの世界遺産にも登録されているイマーム広場は1日あっても見切れない程の観光スポットでした。

南北に512m、南西に159mという長方形の形をした広大な広場になります。

広場の中心に噴水のモニュメントがあり、馬車に乗りながら広場を1周して楽しむこともできます。

広場の見どころはマスジェデ・イマーム、アリガプ宮殿、広場一帯に広がるバーザールです。広場の中心にあるマスジェデ・イマームは青色を基調とした幾何学的模様で彩られた神秘的なモスクです。アリガプ宮殿の入り口を入るとすぐに階段があり、そこを登ると音楽の間があります。イランの民族楽器で知られるタール等の楽器型の穴でくり抜かれた装飾は美しさのみならず、音の響きやすさを考慮して作られたそうです。バルコニーからは広場を展望できます。

バーザールはとにかく広いです。私のお勧めはミナカーリーというエナメル細工です。銅に手作業でエナメル彩色したもので、水差しやシュガーボール、小皿や時計などいろんなアイテムが揃います。モスクの壁や天井で見られる装飾を彩色したものでぜひお気に入りを見つけてイラン模様をお土産に持って帰ってほしいものです。

もう一つのお勧めはガラムカーリーと呼ばれるイランの更紗です。木版に色付けをし、布の大きさに合わせて1点1点染めていきます。2m以上もののベットカバーに使えるような大きな更紗から、テーブルセンターのような小さなものまで様々な大きさがあります。こちらも手作りの為、1つずつ商品の染色具合いが違います。赤が基調のようですが最近では青や緑の他、オレンジやピンクや黄色等、豊富な色遣いになりました。

観光&買い物で疲れた時には、「チャイハネ」でひと休みがお勧め。チャイは紅茶。ハネは家。つまり、日本でいう「喫茶店」という意味です。イラン人はとにかく紅茶が大好きです。レモンティーでもミルクティーでもなく、ストレートティーで飲むのが普通。その時に忘れてはいけないのが「ガンド」と呼ばれる角砂糖です。まずガンドを1つ口に含み、紅茶を飲みます。するとガンドが口の中で溶け、甘い紅茶を飲めるそうです。

すっかり日も暮れて夜になったらもう一度広場に出て、エマーム広場を散歩してみて下さい。ライトアップが始まり、昼間とは違った幻想的な雰囲気に感動するはず。

広場の芝生の家では、家族連れのイラン人がビニールシートを広げてワイワイと皆でくつろいでいました。イランでは気候が暑いこともあり、夜になると家族皆で外出して団らんの時間を楽しむそうです。日本ではなかなか見れない光景ですね。

ほんのわずかなイマーム広場での滞在でしたが、イラン建築の最高傑作であるモスクが見れ、半日かけてバザール散策もできた充実した時間でした。イスラムは日本人にとって馴染みのない世界でしたが、ぜひ他の都市も訪れてみたいと思いました。

 

未分類   コメント:0

パリにおいての宿泊地

読了までの目安時間:約 3分

 

フランス・パリ

フランスのパリと言えば、シャンゼリゼ通り、凱旋門、ルーブル美術館とおしゃれな街を想像しますね。

宿泊施設も歴史あるホテルなどがたくさんあります。コスト高ですが。

もちろん、そちらの場所はただ歩くだけでも満足できる素敵な場所ですが、

私が体験したのは、「えっ、これでもパリ?」というような場所。

それは・・・パリのキャンプ場。

海外旅行へ行ってまで、キャンプをするひとってなかなかいないかもしれませんが、

日本においても毎年数回のキャンプへ出かける私にとっては、なんら不安のない事でした。

パリの中心部から、車で走ること数十分。

目的地は、中心部の華やかさから一転、緑に囲まれていました。

キャンプ場内では、小動物が歩きまわり、鶏なんかは放し飼い状態。

「パリにもこんな場所があるんだ!」というのが最初の感想でした。

泊まったのは、2人用のバンガロー。

食事をするスペースは別に設けられていたので、このバンガローの中はベッドが2つあるだけ。

でも、思ったよりもきれいで整えられていました。

自前の寝袋をセットすれば、立派な寝床です。

シャワーは、海水浴場のようなシャワーが10近く横並びになっていて、

空いていればいつでも使用することができます。

日本人は背が低めなため、少々ガードとなっている板が小さめなのが気になりました。

下から見えていないのかなって。

夜はパリ市内で食べ、朝はキャンプ場で食べました。

パンやシリアルなど簡単なものなので、ホテルやキャンプ場とか関係ないかも。

費用も抑えられ、ちょっと普通の旅で行くのとは違う体験ができ、私は大満足でした。

なんといっても、朝起きる時に鳥の声で目を覚ます事ができるのがいいですよ。

 

ヨーロッパ   コメント:0

ラスベガスの街めぐり

読了までの目安時間:約 2分

 

アメリカのラスベガスに行きました。

旅行の本でラスベガスの特集をやっていて、町中が遊園地みたいでとても楽しそうだったので行ってみました。

日本からは、まずカリフォルニアを経由していきました。

ラスベガスはカジノの街で、なんだか治安が悪そうなイメージでしたが逆でした。

もちろん海外なので注意が必要なのは確かですが、観光客も多く治安も徹底しているので、夜遅くまで街歩きを楽しめました。

まずラスベガス空港に着くと、なんと空港の中にもスロットがずらーっとならんでおり、さっそくカジノを体験できます。

現地でホテルまで送迎してくれ、チェックインとチェックアウトの世話だけしてくれるガイドさんを手配していました。

けれども、観光地でタクシーも良心的なようなので、ある程度英語ができればガイドさんもいらなかったかなと思います。

ラスベガスの楽しいところは、どのホテルもカジノを持っていて、さらにすごく個性的なところです。

ショーウィンドーの向こうにライオンがいるようなホテルや、大きな池があって噴水ショーを楽しめるようなホテルもありました。

ホテルの前に大きな船があって、そこで海賊ショーを楽しむこともできました。

私たちは、泊まったホテル自体はとてもリーズナブルでしたが、ショーなどは宿泊客以外でも楽しめるので、街歩きをしながらいろんなホテルをめぐって楽しみました。

もちろんカジノも楽しみました。カジノも、自分の宿泊するホテルでも楽しめるし、他のホテルのカジノに行くこともできます。

英語が苦手なのでスロットをするくらいでしたが、雰囲気は十分楽しめました。

 

アメリカ   コメント:0

ソウルグランドパーク近くのソウルランド

読了までの目安時間:約 2分

 

韓国 果川(GWACHEON)市 ソウルグランドパーク近くのソウルランド

子供二人と韓国に行ったので、子供が遊べるところがいいなと思い、ソウルグランドパークに行きました。最初は、動物園があると聞いて動物園に行くつもりでいきました。また、キャンプ場もあると聞いたので、食べ物と飲み物を持っていきました。

行くときは、地下鉄で行きました。ソウルグランドパークで降りたら、すぐ分かるようにガイド表示があるので、すぐ見つかりました。

行ってみたら、大変大きかったです。最初に、象の列車があったので、乗りました。そしたら、動物園とソウルランドという二つの駅がありました。どっちもよくわからなかったのでソウルランドで降りました。

はっきりは覚えていませんが、フリーパスは高く感じたので、入場券だけで入りました。

中には、いろいろな乗り物がありました。着いたのがお昼頃でしたのでとりあえず、椅子(韓国の椅子は日本みたいに、2,3人が座れる細長い物ではなく、靴を脱いで5.6人くらい余裕で座れる大きなものでした)に座って、持って行った食べ物を食べました。

ちょうど、その近くに一つの建物があったので、子供と一緒に入りました。その中に、プリンセスミミという名前の女の子の部屋がありました。その部屋には、女の子が好きなプリンセスの服と、靴や飾り物がいっぱいあり、120センチ以下の子供は、その服に着替えたり、靴を履いたりできたので、うちの子は大変喜びました。ピンク一緒の部屋で、今までのプリンセスミミのコンテスト作品も陳列されていました。

大きい子には向いてないかもしれませんが、うちの3歳の子供は、大満足でした。

今でも、韓国のプリンセスの部屋に行きたいと何度も何度も言っています。

 

未分類   コメント:0

ショックの多い中国ロンイエンの旅行

読了までの目安時間:約 2分

 

2011年に中国のロンイエンという町に旅行にいきました。そこは世界遺産に登録されている土楼がある地域の近くなのですが、世界遺産には興味がなかったのでそっちではなくロンイエンという町に行ってみました。周りが山に囲まれた小さな町ですがかなり近代的な高層マンションがかなりたくさんそびえたっています。またおおきなショッピングモールもたくさんありとても繁栄した町でした。自転車を借りて町を散策していると衝撃的な光景を目にしました。お鍋を食べさせる店先でなんと牛を殺していたのです。中年の男性が加えタバコでまず牛ののど元を包丁で一刺し。牛は叫び声をあげ苦しんでいますが、のどからは滝のような血が。少しして牛は息絶えまず足を切断。それからは慣れた手つきで皮を剥いだりしていました。中国人にとっては見慣れた光景なのでしょうが、10数人のギャラリーもいました。衝撃を受けてまた自転車を走らせていると、また別の鍋店で足が止まり増した。店の裏で店員のおばちゃんが野菜を切ったり洗ったり準備中のようです。よくみると近くに小さな檻があります。見ると2匹の犬がいるではありませんか。見た感じ日本にいる普通の雑種犬のような犬です。店の表に周って看板を見ると中国語ですが、訳すと生きた犬を現場で殺すと書いているではありませんか。あの檻の犬もこと後殺されて食べられてしまうのです。ショックでした。でもこれも食文化です。仕方ありません。とてもショックの多いロンイエン旅行でした。

 

中国   コメント:0

1 2 3 5