【投稿型】海外旅行口コミ情報 海外観光地の旅行記を集めました

ショックの多い中国ロンイエンの旅行

読了までの目安時間:約 2分

 

2011年に中国のロンイエンという町に旅行にいきました。そこは世界遺産に登録されている土楼がある地域の近くなのですが、世界遺産には興味がなかったのでそっちではなくロンイエンという町に行ってみました。周りが山に囲まれた小さな町ですがかなり近代的な高層マンションがかなりたくさんそびえたっています。またおおきなショッピングモールもたくさんありとても繁栄した町でした。自転車を借りて町を散策していると衝撃的な光景を目にしました。お鍋を食べさせる店先でなんと牛を殺していたのです。中年の男性が加えタバコでまず牛ののど元を包丁で一刺し。牛は叫び声をあげ苦しんでいますが、のどからは滝のような血が。少しして牛は息絶えまず足を切断。それからは慣れた手つきで皮を剥いだりしていました。中国人にとっては見慣れた光景なのでしょうが、10数人のギャラリーもいました。衝撃を受けてまた自転車を走らせていると、また別の鍋店で足が止まり増した。店の裏で店員のおばちゃんが野菜を切ったり洗ったり準備中のようです。よくみると近くに小さな檻があります。見ると2匹の犬がいるではありませんか。見た感じ日本にいる普通の雑種犬のような犬です。店の表に周って看板を見ると中国語ですが、訳すと生きた犬を現場で殺すと書いているではありませんか。あの檻の犬もこと後殺されて食べられてしまうのです。ショックでした。でもこれも食文化です。仕方ありません。とてもショックの多いロンイエン旅行でした。

 

中国   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
 | ホーム |