【投稿型】海外旅行口コミ情報 海外観光地の旅行記を集めました

ハワイのアラモアナショッピングセンターでの思い出

読了までの目安時間:約 2分

 

ハワイと言えばやはりビーチが有名なのですが、ほかにもブランド品好きなひとならばショッピングなどもお勧めです。日本でも購入することが出来るものも数多くありますが、日本で購入するよいも安価で購入できるのでわざわざハワイまで来て購入する人も少なくありません。そして日本で買えないものももちろんあります。ブランド品の中でも限定品があります。アメリカ限定でしか販売していないものもありますから、そういったものを目当てにショッピングするひともかなりいることでしょう。ワイキキビーチからアラモアナまでバスが出てますから距離的にはありますが、直行便など乗れば30分前後で着きますからワイキキなどに宿泊してバスでアラモアナに行っても良いでしょう。アラモアナショッピングセンターで気を付けなければならないことが迷子です。敷地が結構広いですから、旅行客で迷子になってしまうひとも少なくないようです。ひとりでの旅行の場合はなんとかなるかと思いますが、連れがいる場合はあらかじめ迷子になってしまったときの待ち合わせ場所などを決めておいて損はないでしょう。ツアーで旅行に参加する場合はツアー会社にもよりますが、ツアー会社専用のバスが定期的に走っていますからたくさんの観光地を回ることも出来ます。もちろん無料で乗車することが出来ますから、あまり海外旅行に慣れてない方はツアーを上手に利用して観光することをオススメします。

 

タグ :

アメリカ   コメント:0

ラスベガスの街めぐり

読了までの目安時間:約 2分

 

アメリカのラスベガスに行きました。

旅行の本でラスベガスの特集をやっていて、町中が遊園地みたいでとても楽しそうだったので行ってみました。

日本からは、まずカリフォルニアを経由していきました。

ラスベガスはカジノの街で、なんだか治安が悪そうなイメージでしたが逆でした。

もちろん海外なので注意が必要なのは確かですが、観光客も多く治安も徹底しているので、夜遅くまで街歩きを楽しめました。

まずラスベガス空港に着くと、なんと空港の中にもスロットがずらーっとならんでおり、さっそくカジノを体験できます。

現地でホテルまで送迎してくれ、チェックインとチェックアウトの世話だけしてくれるガイドさんを手配していました。

けれども、観光地でタクシーも良心的なようなので、ある程度英語ができればガイドさんもいらなかったかなと思います。

ラスベガスの楽しいところは、どのホテルもカジノを持っていて、さらにすごく個性的なところです。

ショーウィンドーの向こうにライオンがいるようなホテルや、大きな池があって噴水ショーを楽しめるようなホテルもありました。

ホテルの前に大きな船があって、そこで海賊ショーを楽しむこともできました。

私たちは、泊まったホテル自体はとてもリーズナブルでしたが、ショーなどは宿泊客以外でも楽しめるので、街歩きをしながらいろんなホテルをめぐって楽しみました。

もちろんカジノも楽しみました。カジノも、自分の宿泊するホテルでも楽しめるし、他のホテルのカジノに行くこともできます。

英語が苦手なのでスロットをするくらいでしたが、雰囲気は十分楽しめました。

 

アメリカ   コメント:0

ハワイ・ダイヤモンドヘッド

読了までの目安時間:約 3分

 

ハワイ・オアフ島のダイヤモンドヘッドに上りました。
活動していない火山の、クレーター部分の 外輪の高くなった部分が頂上になっておりそこを目指してハイキングをするというもの。
 

ワイキキからバスが出ているので、
それで登山口の近くまで行くことができます。
 
基本はハイキングコースなので、
お年寄りから子供まで、色々な世代の人が気軽に上っています。
 
服装も軽装で十分ですが、足元の悪い個所や急で狭い階段を上ったりもするので、
靴は履きなれたスニーカーなどが良いと思います。
 
また、日差しが強いので、日焼け止め・サングラスや帽子などの 紫外線対策は不可欠だと思います。 水分を持っていくことも忘れずに。
 

登り始めは、コンクリートで舗装された平坦な道ですが 木々に囲まれたとても心地よい道です。
 
舗装が途切れると、登山道が始まりますが 急こう配の道などもないので、気軽に上れます。 途中、急な階段があるので、そこが頑張りどころです。
 
頂上の直前には、人ひとり通るのがやっとくらいの トンネル状の通路があり、狭い螺旋階段を上っていきます。
 
そこを上りきると、一気に目の前が開けて頂上に到着です。 ワイキキの街並みや、青い空と海、本当に美しい眺望で 標高が高い分、乾いた爽やかな風がとても気持ち良いです。
 
頂上スペースはあまり広さはなく、 長い間くつろぐには向かないかもしれませんが、 ぜひ記念写真をとりたいスポットです。 やはり美しい景色がポイントなので、よく晴れた日に登るのがおすすめです。
 

帰りの道も、それほどきついものではないので、 往復でも、1時間半~2時間あればゆっくり行って帰ってくることができると思います。
 

登山口には、少し広めの芝生スぺースがあるので、 木陰に寝転んで、疲れた体をゆっくり癒すのもとても気持ちが良いです。
 
帰国して成田空港から早速旅行したブログをWiMAXのSpeed Wi-Fi NEXT WX01を使って投稿してしまいました。また行きたいですね。

 

アメリカ   コメント:0